2022-08

スポンサーリンク
リハビリテーション

その運動、足りてますか?高齢者に必要な運動量・活動量とその決定方法

私たちの本分といってもいい、運動療法。ほとんどのリハビリテーション専門職がクライアントへの支援方法として運動療法を選択する場面があると思います。ところでその運動、必要な運動量に達しているでしょうか?今回は高齢者の必要な運動量、その決定方法について検討していきたいと思います!
2022.11.30
リハビリテーション

胴上げ型から騎馬戦型、肩車型へ…それって本当?高齢者を支える社会の本当の姿とは?

少子高齢化が進んでいることは事実であり、この流れはなかなか止めることはできません。かといってこのまま生産年齢人口の負担が増えていくことを黙ってみていることもできません。高齢になっても働き続けられる社会を作り、心身を健康に維持することでこの少子高齢化の厳しい時代を乗り切れるのではないかということです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました