リハビリテーション

スポンサーリンク
リハビリテーション

職場内の教育・研修の成果を測定したい!どうやって測定するか?なにを指標に評価したらよいのか?勉強した

みなさんは職場内の教育・研修の成果をどのように測定されていますか?せっかく時間をとって実施する以上、実りあることをしたいし、やったことに対する評価をしたいと思いました。ましてや業務時間内に実施することなので、意味のないことをしてはいけないと感じる部分もあります。
リハビリテーション

その運動、足りてますか?高齢者に必要な運動量・活動量とその決定方法

私たちの本分といってもいい、運動療法。ほとんどのリハビリテーション専門職がクライアントへの支援方法として運動療法を選択する場面があると思います。ところでその運動、必要な運動量に達しているでしょうか?今回は高齢者の必要な運動量、その決定方法について検討していきたいと思います!
リハビリテーション

胴上げ型から騎馬戦型、肩車型へ…それって本当?高齢者を支える社会の本当の姿とは?

少子高齢化が進んでいることは事実であり、この流れはなかなか止めることはできません。かといってこのまま生産年齢人口の負担が増えていくことを黙ってみていることもできません。高齢になっても働き続けられる社会を作り、心身を健康に維持することでこの少子高齢化の厳しい時代を乗り切れるのではないかということです。
リハビリテーション

あなたにとって健康ってどんな状態?健康ってなんだっけ?健康の定義や考え方

健康のために好きなものをお腹いっぱい食べられない 健康のために運動する時間を確保しないといけないので友人と遊びに行けない 健康のために欲しいものを我慢して高価な健康グッズを買う あれ?なんのために健康になるのでしょうか? 健康になることは目的ですか?手段ですか?
リハビリテーション

訪問看護のリハビリテーションってなんだ?終了しないといけないの?

多くのリハ職が訪問看護ステーションから訪問を行っています。訪問リハビリテーションは開設母体も限られており、事業所数を増やして適切なサービスを提供できる体制を整えることは今後の課題だといえます。これはリハビリテーション専門職の雇用を増やすことにも繋がり、そのような観点からも重要な点かもしれません!
2022.06.25
リハビリテーション

私なりにリハビリテーションのこれまでとこれからを考える

Well-being baseではこの予防と重度者支援の部分で地域に貢献できればと思っています。病気になったり、治療が必要な状態になってやりたいことができない状態を予防すること継続的に治療や介護が必要な状態となっても、本人や家族が自分らしく生きること、この2点を中心に今後の取り組みを考えていきたいと思っています。ぜひみなさんのお知恵やお力をお貸しください!
リハビリテーション

介護保険制度や介護のこれまでとこれからを考える

介護保険はこれまで、地域包括ケアシステムの完成のために改定を重ねられてきました。今後は地域共生社会の実現に向けて動き出していくことが予想されます。地域共生社会は高齢者だけではなく、障がい者や子どもも含め、地域全体で支援する側でもされる側でもないみんなで支え、支えられる社会です。私たちも幅広い知識を持ち、多角的な視点で支援にあたる必要があります。
2022.04.26
リハビリテーション

生活期では理学療法士と作業療法士どちらのほうがニーズがあるのか?

理学療法士と作業療法士の違いってなんですか?と聞かれて明確に自信を持って答えられる方はどれくらいおられるでしょうか?特にいわゆる生活期において、その違いを実例をもって説明できる方は少ないのではないでしょうか?専門性にこだわって対立するのではなく、お互いの専門性をしっかりと理解し、お互いに補い合い、支えあって利用者の支援を進めていけると良いと思います!
2022.04.26
リハビリテーション

リハビリテーションと社会の繋がり

準備中
リハビリテーション

通所リハビリテーションの運営

通所リハビリテーションは厚生労働省の定義では以下のように定義されています。 介護報酬は3年に1度改定され、そのたびに改定内容に沿うように運営方法の調整が求められます。 このページでは通所リハビリテーションに関する記事を...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました